中古車値引きの虎の巻

↑ページの先頭へ
枠上

間違いだらけの中古車選び

この中古車選びはとても大変です。それは覚悟しておきましょう。

というのは、同じ状態のものがふたつとないからです。製造工場から出てきたままではないので、当然のことでしょう。

そのひとつひとつ違うものに対して、「これならば割安だ」とか、「ひどいボッタクリの値段だなぁ」なんて考えないといけないのです。また、買値も交渉次第で何とかなる幅がかなり大きいです。つまり、値引き交渉ができるのです。

もちろん、新車でも値引きはあるでしょう。が、中古車の場合、店頭に出てくるまでのルートもたくさん合って、それぞれにコストの違いがあります。また、それに加えて、業者の方は最初は比較的高めの値段を提示してあるのです。また、どのくらい高めにしてあるかも業者次第なのです。

ですから、当初の値段をぱっと見て、「このぐらいまでならば引いてもらえる」というのも、新車に比べはるかに見当がつけにくいのです。

が、こちらからはわからないだけで、「これ以上値引きはできない」というラインは確実に販売業者側は持っています。利益がゼロになるラインです。

それを担当者とのやりとりの中で、手探り状態で考えていきながらやるのが、中古車の値引き交渉です。

こういったことは、得意な人と不得意な人がいるでしょう。が、当初は不得意と思っていた人も何度か繰り返しているうちに、コツをつかむことはあるようです。

中古車は安く買わなければ意味がありません。高くていいのならば、新車を買いましょう。たとえ、狙っていた中古車が手に入っても、高かったら、それは「間違った中古車を選んだ、間違った買い方をした」ということになるでしょう。

枠下 枠上

中古車の相場

中古車の相場がわかりにくい理由に、「同じコンディションのものがふたつとない」ということがあります。

同じ車種で同じ年式であっても、使われてきたのですから当然ですよね。

どのくらいの差になるかは、インターネットで簡単に知ることができるでしょう。新車時の値段にもよりますが、数十万円の開きになっていてもおかしくはありません。

また、その中古業者の経営の形態によっても変わってくる面があります。

最も一般的なルートとしては、前に乗っていた人から中古車買取業者の手に渡り、業者間のオークションに掛けられる。で、落札した販売業者が、整備工場に出し、傷んでいるところは直す。自分のところの店頭に並べるのは、ようやく、その後です。

中には、買取と販売を兼ねているような業者もいます。となると、オークションなどの手間とコストアップが避けられます。また、整備工場も自分で持っているところは、その費用も抑えられるでしょう。これも最終的な販売価格に反映するはずです。

また、業者によって、利益を薄くして、数を売ろうとする“薄利多売”の営業方針のところもあれば、その逆もあるでしょう。

といったことで、全く同じものでも、どのルートに乗ったかで、販売価格が変わってしまうわけです。

といって、全く相場を知ることをあきらめるわけにはいきません。でないと、自分が買おうとしている中古車が割高かどうかを考える基準がなくなってしまうからです。

とにもかくにも、実際に売られている中古車の値段をできるだけ多くチェックしてみることでしょう。そのうちにだいたいの相場のイメージが固まってくるはずです。

枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 中古車値引きの虎の巻 All rights reserved.